AKAKAGE / DJ 伊藤陽一郎のオフィシャル・ブログ

PROFILE

YOICHIRO ITO a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィールドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。一昨年発売されたNew Album「Peace Maker」も好評を博した。毎週土曜日bayFMカウントダウンレディオ内にてDJ-Mix「AKAKAGE MIX 5minute FIX」(13:30頃 )も好評オンエア中である。

詳細 >>

PLAYER

武蔵小山「まさ吉」鮎と鶏の冷し小麦蕎麦。

original

武蔵小山「まさ吉」。

訳あって、

"灯"を落としての営業。。。

Anyway,

ついに、

まさ吉の夏の限定が始まった火曜日。

まさか、

この日で"幻"となるとは思いの外。

尻尾フリフリ馳せ参じましたー。

ははは。

original

走ってきたんで喉も渇いての生ビア。

ウソ。

ははは。

ぐびり。

旨い。

こちらはホント。

はは。

original

訳あって、

出来るメニューと、

出来ないメニューがあるとのこと。。。

original

酒は、

アイスブレーカーを迎え、

夏本番な感じ。

original

お通しは冷奴。

旨いんだよね。

ココの豆腐。

して、

日本酒を一杯。

original

高知「土佐しらぎく」。

original

と、と、と、と、と。

頂きまーす。

ぐびり。

旨いね。

と、

original

黄レバ。

めっちゃ綺麗やん。

original

色、艶、テクスチャがヤバいね。

まさに美レバ。

ぱくり。

旨ぁ〜〜〜〜い。

でも、

いつもとちょっと違う感じ。

何故か、

original

胡麻塩のが合ってた。

ほー。

美しくても個体差ってあんだなぁ〜。

勉強、勉強。。。

original

三杯目はコダマサワー。

レモン。

日本酒を重ねないことを覚えた、

44歳の梅雨。

ははは。

して、

焼鳥を。。。

original

白レバのタレ。

original

手羽のタレ。

original

ねぎ間。

original

椎茸、

original

つなぎ。

original

ハツ。

original

鶉の卵、

そして、

original

厚揚げ。

ほぼほぼ伊藤All Stars 2014的なセレクト。

はは。

何れも旨かったけど、

この夜は、

何故か、

椎茸がヤバかった。

旨味がどどーんと。

厚揚げもやっぱ旨いなぁ。

ご賞味あれ〜。

original

柚子味噌きゅうり。

コチラ、

冷え冷えで旨かったなぁ。

original

2種目のコダマはバイス。

original

チーズの味噌漬け。

コレもめっちゃ旨いよ。

キャラメルのよーな甘み。

たまらん。

きっと子供も大好きなフレイバー。

original

この葉なんだっけ?

舌に記憶あり。

お茶?

旨かったな。

original

バイスからウーハイへチェンジ。

酔わずへの継投。

ははは。

して、

そろそろ。。。

お願いします。。。

original

キターーーー。

日本の夏。

まさ吉の夏。

岐阜、長良川で育ったボクには溜らない眺め。

鮎と鶏の冷し小麦蕎麦。

旨そ過ぎれす。。。

original

Are You Ready?

焼き目も美しき鮎。

子供の頃から、

慣れ親しんだ大好きな魚。

original

味がたっぷり沁みた"だき"。

生山椒のアクセントも最強チーム。

これだけでも食う価値アリ。

original

2色2種の葱に茗荷。

夏のイメージ。

original

浮かぶ出汁氷に、

太白胡麻油のリング。

まさ吉の夏。

original

別皿で味変アイテムが提供される。

すだち&わさび。

でわ、

スープを。。。

original

頂きまーす。

ずずずっ。

旨ぁ〜〜〜〜い。

鰹、昆布によるJAPANな、

甘みある旨味。

たまらん。

温度もいい。

original

ずずずっ。

じぇじぇ、

旨ひゃい。

スープの旨味纏う鬼の麺。

鬼の目にも涙?

original

昆布〆の"だき"は、

圧巻の旨さと歯に嬉しい食感。

鮎もヤバい。

噛むと溢れる旨味MAXな鮎の脂。。。

児玉さんが試作から悩んだという、

鮎の温度の意味が解った。

ひと齧りして啜るスープの旨いこと。。。

ひと齧りから始まるこの一杯の至福。。。

鮎の旨味が溢れます。

旨ひゃい。

たまらん。

original

すだちとわさびのアクセントも、

この夏、

最強のアンセムならぬ、

アイテム。

いやはや旨い。。。

original

スルり完食。

2014年の冷やしも傑作っすなぁ〜。

旨冷ゃい。

たまらん。

しかし、

このメニューは、

スタッフの急な辞職により、

しばらくは提供できないとのこと。。。

幻の限定に。。。

残念だ。

復活出来ることを期待して。。。

original

PS:

おーい。

マイケルー。

児玉さんに連絡したか?

みんな心配してるぞ。。。

児玉さん悲しい顔してたぞ。。。



そして、

新しいアルバイトさんを募集とのことです。

仕事内容や給料などの詳細は、

お気軽にお問い合わせください。

焼鳥 まさ吉
03-3792-5216


楽しいお客さんたちも、

キミをお迎えしてまーす。

ははは。




2014-07-18 08:27:17投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。