AKAKAGE / DJ 伊藤陽一郎のオフィシャル・ブログ

PROFILE

YOICHIRO ITO a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィールドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。今年リリースした7inchシングル"巻き戻したいほどの幸せ/青の世界"も好評発売中。

詳細 >>

PLAYER

御徒町「鴨 to 葱」鴨らぁ麺(下仁田丸太白葱 玉葱の生姜和え)。




original

御徒町「鴨 to 葱」。

今年の6/28 OPENの新店。

日曜日。

またまたポケハント。

はは。

上野恩賜公園は、

現在アサナンの巣。

つーことで、

サクッとアサナン狩りへ。

グラードンも3体目GETでき、

第3世代の前半戦も、

ほぼ先が見えた。

いえい。

残るはラルトスの飴だ。

ははは。

Anyway,

その前の一杯。

13:18pm

日曜日のランチタイム。

外待ちはそこそこ。

DGRなら諦めよーと思ってたけど、

そこそこやったから接続。

まずは、

original

外置きの券売機にて、

食券を。。。

original

所謂、

左上。

"わんたん"も少し悩みつつ。。。

鴨らぁ麺。

ぽちり。

して、

店前の行列に接続し、

流れに身を任す。

original

「鴨、葱、水」のみ。

original

飲める親子丼?

ははは。

と、

店内から女性スタッフが登場し、

メニューの仕様を訊かれた。

original

月ごとにセレクトされた葱を、

2つ選らべるとのこと。

"下仁田"と"玉葱の生姜和え"をチョイス。

して、

並び始めて22分で店内へ。

新店らしい清潔で和な佇まい。

カウンターの仕様は藺草。

ほー。

original

薀蓄。

original

味変アイテムには、

しろうずのゆずごしょう。

いえい。

試したるで〜。

と、

original

キターーーー。

綺麗。

それよりも驚くのは、

丼の小ささ。

original

足っつーか、

台も高い。

始めてみるタイプの丼。

original

チャーシューは、

鴨コンフィ。

original

自分で選んだ、

玉葱の生姜和えと下仁田丸太白葱。

original

添えられた下仁田の緑が、

丼に彩りを与えてる。

original

鴨と玉葱の隙間から覗くメンマは、

穂先。

original

麺線も綺麗。

でわ、

スープを。。。

original

頂きまーす。

ずざざっ。

旨いね。

唇を奪う脂のニュアンス。

鴨だね。

ははは。

醤油のバランスもほどいい感。

original

ずざざっ。

しなやかで喉越しのいいスタンス。

original

こちらも滑らかな鴨コンフィ。

もっと厚みがあっても好みだけど、

狙いもあるのだろう。

original

下仁田葱は、

いつも通りのニュアンスで、

柔らかく甘い。

そして、

玉葱の生姜和えが秀逸。

いいアイデアだな。

真似しよう。。。

さて、

original

ゆずごしょう。

original

ちょこん。

ずざざっ。

いいね。

つか、

オレ、

柚子胡椒好きだな。。。

ははは。

original

ずざざっ。

旨ひゃい。

original

ご馳走さまでした〜。

旨かった。

量的には軽めに感じるけど、

まぁ満足感はあるな。

確かに"丼"モノはあり。

"飲める"ってのも気になるし。。。

次回。

はは。

でわ。




2017-12-18 09:17:28投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。