AKAKAGE / DJ 伊藤陽一郎のオフィシャル・ブログ

PROFILE

YOICHIRO ITO a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィールドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。今年リリースした7inchシングル"巻き戻したいほどの幸せ/青の世界"も好評発売中。

詳細 >>

PLAYER

学芸大「麵処 びぎ屋」酸っぱ辛い生のりの冷やし麵。


学芸大「麵処 びぎ屋」。

こちらでも、

再び登場の"生のり"限定。

びぎ屋の"生のり"シリーズも、

外せない逸杯。

ちわーっす。

久々の張寥さん。

この日は、

奥さんと娘さんにも会えた。

愛らしい娘さん。

子供はあっという間に大きくなるね〜。

そだ、

何も話してなかったけど、

またまたの新店舗出来たんすね〜。

おめでとうございます!

Anyway,


コレだ。

酸っぱ辛い生のりの冷やし麵。

"酸っぱ辛い"ってのもナイスなWORDSっスな。


ポチり。

して、

食券を渡し、

待つことしばし。。。


キタ。

思いの外、

黒めなルックス。

丼の色味もダークサイド。

ははは。


TOPSには刻み海苔。

"生のり"との競演。


鶏&豚。

2種類のチャーシュー。


メンマ。


びぎ屋の夏、

出汁氷。


味玉。

いつものご厚意に感謝デス。

奥には、

スライスレモン&胡瓜のコンビ。

"冷やし"らしい具だね。


自家製ラー油もた〜っぷりと。。。

でわ、

頂きますか。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

お、

生のりとラー油による、

新しい邂逅。

先日の"つけ和えそば"の、

ストレートさとは違うセッション。

涼しげな酸。

辛みは強くない。


ずざざっ。

"冷やし"ならではの、

硬めな食感。

絡むラー油と生のり。

旨いね。


いつも美味しい、

びぎ屋のチャーシュー。


ラー油&生のりにまみれた味玉。

これまた美味。


食べ進むと、

全体が馴染んでく。。。

ずざざっ。

旨ひゃい。


汁感フィニート。

ご馳走さまでした〜。

オモロい一杯。

5月も残り2日、

東京の街には、

"冷やし"が溢れ出してますなぁ。

今年の夏も、

いろいろと楽しめそーだ。

あ、


アザス天国。

色々と楽しませて頂きまーす!

でわ。




2018-05-30 10:13:38投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。