AKAKAGE / DJ 伊藤陽一郎のオフィシャル・ブログ

PROFILE

YOICHIRO ITO a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィールドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。一昨年発売されたNew Album「Peace Maker」も好評を博した。毎週土曜日bayFMカウントダウンレディオ内にてDJ-Mix「AKAKAGE MIX 5minute FIX」(13:30頃 )も好評オンエア中である。

詳細 >>

PLAYER

新橋「麺屋 味方」ラーメン(辛)。


新橋「麺屋 味方」。

またまた二郎インスパイアな新店が、

4/3にOPENしてたことを知って。。。

ラーメン二郎新橋店の元店主さんが、

やられてるよーだ。

"辛"もあるみたいやし、

期待も高まりますな。。。

つーことで、

開店時間前、

10:50amに着くと、

すでに開いてたー。

ありがたや〜。


すでに人気なのかなぁ〜。

麺切れ次第閉店のWB。

すでに、

お客さんがかっくらってた。


白地に黄色な券売機。

いいね。

店内は、

白を基調としたロフトスタイル。

パンケーキでも出てきそうな、

洒落たCAFEライクな佇まい。

ターゲットは、

ラーメン(辛)。

そして、

"しょうが"もぽちっと。

カウンターのみの6席だっけ。

食券を渡し麺量を告げる。

250gがデフォのよーだが、

200gでお願いした。

そして、

奥には、

な、な、なーんと。。。


ターンテーブル!!!!

いきなりの親近感。。。

タンテの向こうには、

ベスタのミキサーも鎮座。

飾られたレコードはBLUE HARB。

おー。

そっち系が好きなのかな?


店内は、

ドアを解放してるのと、

厨房からの熱で暑い。

こりゃタオル必要だったな。

なーんて、

思いつつ待ってると、

コールのお時間。

「野菜、花椒、一味唐辛子で」


しょうがは別皿提供。

量の多さに胸踊る。

と、


キターーーー。

想定と違い、

ずいぶんと大きさを感じる丼。

盛り付けもいい感じだ。


一味ZONE。


花椒ZONE。

花椒が本格的だ。

野菜の山もええ感じやね。

そして、


豚がお見事。

分厚い豚が2枚。

1枚は、

オーブンで仕上げたもので、


テクスチャが旨そだよ。

エロい具合。

ネ申ってるね〜。

でわ、

スープを。。。


油の層が厚めだなぁ。

頂きまーす。

ずざざっ。

うほっ。

ラー油多めだ。

ベースのスープが感じられん。

こりゃ、

まずは、

デフォで挑むベッキーだったな。。。


ずんっ。

麺を引き上げると、

逞しい剛麺。

食感が伝わる表情だ。


ずざざっ。

おー。

ワシワシ頂ける剛麺。

ええ感じや。

野菜の具合もハーフな感じでいいな。


しょうがを全投入〜。

ずざざっ。

旨いなぁ。

"しょうが"がMUSTなカラダになりつつある。。。

ラー油重いスープに、

タフな麺に、

しょうがが和らいでくれる。

そして、


焼かれた豚も、


肉感がパないコチラも、

旨いよ〜。

この豚を使った、

"まかないサンド"も用意されてるだけあって、

自信の逸品なんだろなぁ。

見るからに美しい豚だよ。


ご馳走さまでした〜。

次回はデフォだな。

スープを感じたい。

しかし、

少し涼しくなった秋ぐらいに、

狙ってみよかなぁ〜。

ははは。

でわ。




2018-06-30 23:18:48投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。