AKAKAGE / DJ 伊藤陽一郎のオフィシャル・ブログ

PROFILE

YOICHIRO ITO a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィールドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。今年リリースした7inchシングル"巻き戻したいほどの幸せ/青の世界"も好評発売中。

詳細 >>

PLAYER

3756件中   51 - 60 件表示 ( 全 376ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

学芸大「麵処 びぎ屋」酸っぱ辛い生のりの冷やし麵。


学芸大「麵処 びぎ屋」。

こちらでも、

再び登場の"生のり"限定。

びぎ屋の"生のり"シリーズも、

外せない逸杯。

ちわーっす。

久々の張寥さん。

この日は、

奥さんと娘さんにも会えた。

愛らしい娘さん。

子供はあっという間に大きくなるね〜。

そだ、

何も話してなかったけど、

またまたの新店舗出来たんすね〜。

おめでとうございます!

Anyway,


コレだ。

酸っぱ辛い生のりの冷やし麵。

"酸っぱ辛い"ってのもナイスなWORDSっスな。


ポチり。

して、

食券を渡し、

待つことしばし。。。


キタ。

思いの外、

黒めなルックス。

丼の色味もダークサイド。

ははは。


TOPSには刻み海苔。

"生のり"との競演。


鶏&豚。

2種類のチャーシュー。


メンマ。


びぎ屋の夏、

出汁氷。


味玉。

いつものご厚意に感謝デス。

奥には、

スライスレモン&胡瓜のコンビ。

"冷やし"らしい具だね。


自家製ラー油もた〜っぷりと。。。

でわ、

頂きますか。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

お、

生のりとラー油による、

新しい邂逅。

先日の"つけ和えそば"の、

ストレートさとは違うセッション。

涼しげな酸。

辛みは強くない。


ずざざっ。

"冷やし"ならではの、

硬めな食感。

絡むラー油と生のり。

旨いね。


いつも美味しい、

びぎ屋のチャーシュー。


ラー油&生のりにまみれた味玉。

これまた美味。


食べ進むと、

全体が馴染んでく。。。

ずざざっ。

旨ひゃい。


汁感フィニート。

ご馳走さまでした〜。

オモロい一杯。

5月も残り2日、

東京の街には、

"冷やし"が溢れ出してますなぁ。

今年の夏も、

いろいろと楽しめそーだ。

あ、


アザス天国。

色々と楽しませて頂きまーす!

でわ。




2018-05-30 10:13:38投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

目黒「づゅる麵 池田」新限定:鶏旭。


目黒「づゅる麵 池田」。

なにやら楽しげな、

新限定が始まったとの匂いを嗅ぎつけ、

いつものよーに、

目黒川沿いをポケハンしながら。。。

この日は、

6月から始まるイベントフライヤーの、

ネタも探しつつーのテクシー。


6/22に開店しまーす。

ははは。

Anyway,

14:08pm

随分と遅めのランチなれど、

店内はほぼ満席の盛況ぶり。


鶏旭。

コレだー。

好きなヒトなら、

すぐにピンとくるアレ。

第一旭インスパイヤ 鶏ver.

そりゃ気になりますわね。

ぽちり。

入店すると、

池田さんは不在。

空いてるカウンターに座り、

食券を渡す。

して、

待つことしばし。。。


キタ。

ほー。


まさに、

豚を鶏に変換されたルックス。

なるほどね〜。


鶏チャーシューつか、

鶏ハム大好きだから、

寧ろ好みなスタンス。

葱マシ出来ると嬉しいな。

でわ、

スープを。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

なるほど〜。

旭とゆーか、

新福菜館のが近いよーな、

間のよーな、

カエシのニュアンス。


鶏をよけると、

もやしとメンマの登場〜。

ニヤリ。


ずざざっ。

旨ひゃい。

なるほど。

しなやかでありつつのボリューム感。

第一旭っぽいかも〜。

不思議と、

不如帰の新しい麵にも近いニュアンス。

なるほどね〜。


鶏チャーシュー。

軽くて旨いね。

醤油カラメのスープが軽く沁みる。


このメンマって糸島?

食感がシャキッとしてて旨かったなぁ〜。


いつものツルピカも旨いけど、

この手の麵も旨いんすね〜。

京都なニュアンス感じマス。


〆は鶏チャーシューに。。。

カプり。

旨ひゃい。


ご馳走さまでした〜。

汁完は避けてみた。。。

あはは。

旨かったー。

この限定はゲリラでないから、

しばらくやってるのかな?

いい選択肢が出来た感。

また食いたい。

葱マシで (笑)。

でわ。




2018-05-29 11:01:36投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

下北沢「麵と未来」特製塩らーめん。


最近、

ちょいと話題の新店。


下北沢「麵と未来」。

下北沢の一番街。

JETSETのほぼ斜め前レベル。

いやー、

下北沢に新店が出来るの嬉しいわ。

つか、

最近多い?

つか、

一番街アツい?

はは。

で、

先週の日曜日に、

ランチタイムを外し気味で、

行ってみたんだけど、

スープ切れにて、

敢えなく撃沈。。。

つーことで、

先週の火曜日だっけな。

当初は、

開店前に行こうと思ってたんだけど、

寸前に三茶の駅前で、

レイド勃発。。。

てな訳で、

少し遅れてーの参戦。

11:37am

到着すると、

外待ち3。。。

がーん。

すでに人気かよー。

列に接続し、

待ってると、

開店時間から12,3分経っても、

店内にラーメンの出てる気配なし。。。

おー。

"手打ち"とのことだけど、

回転悪いんだね〜。

して、

待つこと15分で席へ。

11:52am

券売機はなし。


メニューはシンプル。

特製をチョイス。


薀蓄を眺めると。。。


三重県産の小麦、


浅利、


鮎魚醤。

おや!?

三重、愛知、岐阜を感じるWORDS。

東海地方に縁あるの?

なーんて思って、

帰りに聞いてみたところ、

ただの偶然だった。

ははは。


店内奥には、

製麺室というより、

手打ち室があり、

この箸入れなんか、

うどん屋さんみたいだなぁ〜。

な〜んて、

思ったりしてると。。。


キタ。

素敵なんがキタ。

特製塩らーめん。

ナイスなビジュアルやね〜。


中央には、

ふわっとエアーな刻み葱。


色味の白い、

小さめの豚バラが5枚。


こちらも色白なメンマ。


海老わんたんは2つ。


三つ葉。

そして、


美白の味玉。

塩色に徹してますな。

でわ、

スープを。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

お、

こっちか。

旨いね。

飲んでも美味しい料理酒「蔵の素」。

酒の香りが和食なニュアンス。

そして、

麵。。。


でた〜〜〜〜。

期待以上にぶっといね。

色味も好きな感じだ。

見るからに"うどん"を彷彿。

ずざざっ。

わわっ。

柔めの極太タッチ。

こ、これは、

博多うどんやね。

ははは。

手打ちってことで、

あっち系を想像してたら、

まさかの博多系。

個人的には好き。

だって、

博多うどん好きだもん。

なーんてノリで、

海老わんたんを頂く。。。


ぱくり。

お、

その流れから食べると、

違う世界へな不思議。

海老がまるっと入った"わんたん"。

無いわけではないけど、

なんとなーく、

組み合わせにNEW WAVEを感じた。

さて、


美白の味玉ちゃんは。。。


優等生なナイスオレンジ。

味わいもいいね。

しかし、


この麵はスゴいな。

博多系とは想定外やったわ。

でも、

好き。

ははは。


そだ、

メンマの後味が、

爽やかってか、

レモンっぽい風味だったけど、

なんかしてあんのかね?

気のせい?

ははは。

なーんて、

思いながら食ってると、


このスープって、

コメを呼ぶんだよね〜。

つーことで、

お茶漬けセットの梅を、

ご飯少なめで追加オーダー。

ふはは。


おじゃこも付いてまーす。


少なめのご飯。

おっさんには丁度いい量。

あ、

50円引きにしてくれました〜。

ありがとうございました。

Anyway,


手慣れた感じでRIDE ON。


スープもたら〜っと回しかけ。。。

まずは、

梅なしで。。。


ずざざっ。

旨ひゃい。

間違いないね。

この手のスープは、

ウェルカム茶漬けだぜ。

でわ、


梅を潰しまして〜。


ずざざっ。

あ、

梅が強いなぁ〜。

もう少し味の柔らかい梅のが合うかなぁ〜。

ははは。

まぁ、

好みはあるけどね。


完全なる汁感フィニート。

ご馳走さまでした〜。

旨かった。

下北に、

またひとつ、

バリエーションが増えて嬉しい。

しかも、

博多系。

いえい。

また行きまーす。

でわ。




2018-05-28 23:17:29投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

新宿御苑前「金色不如帰」真鯛と蛤の塩そばと醤油そば。


新宿御苑前「金色不如帰」。

5/25、

昨日、

移転OPENした、

我らの不如帰。

17日に一時閉店した幡ヶ谷から、

約一週間での移転OPEN。

お疲れ様っス。



おめでとうございま〜す。

いよいよですね。

個人的に、

幡ヶ谷より遠のき、

歩いて行ける距離ではなくなったけど、

下北沢から"びゅーん"と一本。

DISK UNIONも世界堂もあるし、

寧ろ、

通いやすくなったと、

そう思うことにしよう。

ははは。

場所は、

今回も路地裏。


この通り知ってるー。

そう、


人気カレー店、

「草枕」と同じ通りだ。

つーことは、

また近所に旨いカレー屋。

はは。

そして、

そのカレー屋には、

行けなくなるという事象。。。

ははは。

Anyway,

やはり、

移転とはいえ、

開店日。

そりゃ、

僕らにとっては、

祭りみたいなもんで。。。

P.P.、

もしくは、

TOP3を目指すのが性。

いや、

愛。

はは。

昨日も、

朝ドラ見て、

直で向かうと、

到着したのが、

9:07am

P.P. は、

もちろん、

じたろうさん。

a.k.a. 宣伝部長。


ここかぁ。。。

いきなり感慨深いね。

和食屋、

何気に、

今っぽいムード。

銀座系な佇まいでもあるな。

いや、

銀河系。。。


行燈的なコチラも。

夜は光るのかな?

見に行きたいよね。


今回も狭い路地裏、

ご近所さんとの関係もあることだし、

皆で、

諸々のルールを守りましょう。

不如帰愛。


どーんと、

デカい装置も用意されてます。

ガイドポールも3列仕様。

して、

徐々に並び出し、

知り合いの顔もチラホラと。。。

TOP3は、

じたろう、オレ、しおてつさん。

いえい。

開店時間までの2時間半。

慣れたもんですよ。

ははは。

して、


安定の遅れ。。。

ははは。

コレも不如帰らしさ。

なーんて、

皆で話してると。。。


開店〜。


新宿御苑店の暖簾は白。

心地のいい白ですな。

おめでとうございま〜す。


木目を生かした店内。

明るく清潔な感じです。

カウンター7席、

奥に二人掛けのテーブルが2つ。

MAX11人っスかね。


店内にも、

待合の席は多く作られ、

10人ぐらいは待てる感じ。


入店すると、

店内におけるマナーの注意書き。

必読。


昨日は、

普通盛りのみの営業。



券売機もピッカピッカ。

左上は、

真鯛と蛤の塩そば。

醤油ではないんだー。

店内連食希望の、

僕とじたろうさんは、

山本さんにその旨を確認して、

塩と醤油をぽちり。

さらに、

お祝いにはつきものの。。。


瓶ビアもぽちり。

新宿本店では、

エビスではなく、

ハートランドだ。

して、

食券を山本さんに渡し、

カウンターに座る。


目の前には、


連名で送らせてもらった祝い花。


お願いと薀蓄は、

こちらの中に。。。





そんなかんだで、

カメラ小僧っぷりを発揮してると。。。


おめでとうございま〜す!

ぐびぐびぐび〜。

ぷはぁ。

旨ひゃい。

2時間半待った後のビアは旨い。

不如帰で呑むビアは確実に旨い。

幡ヶ谷でも新宿でも旨い。

はは。

して、

待つことしばし。。。


キターーーー。

真鯛と蛤の塩そば。

幡ヶ谷時代とは、

趣の違う丼。

淵には不如帰の絵柄。

オリジナルメイドだ。

受け皿もスクエア。

革新してますなぁ〜。

でも、

具のSETは、

同じメンツかな?


刻み葱の上には、

国産黒豚のパンチェッタベーコンビッツと、

インカベリーソース。


煮豚の上には、

ポルチーニのデュクセルと、

左側のはレアル・ベジョータのバラ肉。


フレッシュバジルに、


にょろ〜っと穂先メンマ。

白トリュフオイルもIN。

でわ、

スープを。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

じぇじぇじぇ!

つか、

ぅぎょぎょ!

めっちゃ旨ひゃい。

真鯛舐めてたわ。

真鯛って見た時、

正直"どーなん?"って思ってたけど、

スンマセン。

真鯛が、

蛤を押し上げてるっつーか、

旨味の輪郭がクリアになった感じ。

全然旨なってるーーーー。

"真鯛入ってマース"ってなってないのがスゴい。

流石は、

山本敦之。

素敵。

んでもって、

自家製麵。


すでに綺麗なんすけどーーーー。


ずざざっ。

あちゃー。

これまた旨い。

"自家製麵"って感じがいいよ。

"キレっキレっ"の中のほっこり感つかね。

素敵。

食感が絶妙っつーか、

これまた不如帰の色が出てる。

きっと、

どんどん進化すんだろーけど、

オリジナリティ感じる麵だ。

んでもって、

スープの持ち上げもいいよ。

トリュフオイルやらの香りが、

映える映える。


前より、

ポルチーニのデュクセルとの絡みも断然な気が。。。

ポルチーニ増やした?

違うか。。。


フレッシュハーブの香りも、

前よりクルんだよなぁ〜。

もしや、

真鯛の功績?

兎に角、

すげー旨いよ。


あっという間に完食。

んでもって、


不惑の汁感。

めっちゃ旨い。

サイコー。

群雄割拠の世、

レベル超えてるな。

さて、

ちょいと待ってーの、


醤油。

これまたオリジナルの丼にての提供。

こちらも具は同じかなぁ〜。

いや、

違う。。。


醤油にも、

レアル・ベジョータが乗ってるーーーー。

ははは。


煮豚を挟んでの、

緑と白の刻み葱。


煮豚とベジョータの間には、

タルトゥファータ。


中央を縦断する穂先の先に、

細割きのメンマ。

そして、

ポルチーニのフレーク&オイル。


こちらも、

スープに沈む麵のイキフンがいい。。。

でわ、

スープを。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

わわっ。

こっちもめっちゃ旨ひぃーーーー。

以前より、

少し甘めに感じる気もしたけど、

"旨い"が分かりやすくなった感。

オイル量も増えたのかな?

こちらも、

ポルチーニの香りってか、

スープへの昇華がパない。


ずざざっ。

あー。

やっぱこの麵好きだなぁ〜。

"自家製麵"って感じなんが、

いいんだよなぁ。

食感と食べ応えもいい。

この感覚は、

以前と一緒なんだけど、

明らかに違う麵。

"つけそば"が食いたくなるね〜。


煮豚。

前より薄くなったのは狙い?

悪くないなぁ。

この厚みで"煮豚そば"、

寧ろ、

いい気がするなぁ〜。


穂先も旨かったけど、

細割きの味って変えた?

ポルチーニからなのかな?

後味が旨かった〜。


醤油も塩も、

アレコレが渾然一体となって、

旨味がどんどん加速してくね〜。

んでもって、

全てのキャラがきちんと融合してる。

流石。


ずざざっ。

旨ひゃい。

たまらん。

して、

2杯目も、


不惑の汁感フィニート。

旨かったーーーーー。

レベル超えてるよ。

東京一、

いや、

地球一であるかも知れない。。。

兎に角、

至福の一杯。

Ramen Supreme...

海外での経験やらやらが、

活かされてるのかなぁ〜。

来週もまた食い行きたい。。。

つけそばも食ってみたい。。。

金色不如帰、

山本さんの、

第2章(?)のスタートっすな〜。

あっちゃんサイコー。

でわ。




2018-05-26 10:25:03投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

三宿「焼鳥 児玉」三宿に現れた焼鳥屋プラスな武蔵小山の雄。


去る5/13。

東京 三宿に、

「焼鳥児玉」が、

満を持しての、

"ずどーん"とオープン。

この日の、

お客さんの多くは、

まさ吉の常連さん。

皆さま、

予約してのご来店〜。


彼方此方から、

お花もいっぱい届いてましたー。


暖簾をくぐると、

ソリマチアキラ氏の、

描き下ろしの鶏の絵が迎えてくれます。

いつ見ても素敵だ。


今回、

児玉のBGMの要は、

この真空管アンプ。

真空管と炭火のコラボっス。

お洒落でっしゃろ?

和モノを中心に、

ソウルやレゲエが中心な、

選曲となっております〜。


白を基調とした店内。

カウンター席は、

ゆったりと寛げます。


ここにも鶏が。

可愛いね。


予約は、

17:30, 18:00, 18:30。

基本的に、

6,000円のコースのみの、

提供となっております〜。

まさ吉ではお馴染みの、

キンカントリュフから始まって、

前菜、焼鳥、一品、〆の食事、

そして、

デザートみたいな流れ。

個人的には、

安く感じております〜。

2回転目からのお客さんは、

アラカルトでのご案内。



お酒も豊富な品揃い。

ワインのボトルも、

スパークリング、白、赤と、

色々と用意されてますよ。

高いのもあり〼。

ははは。

さて、

僕はってーと、

ココでのお気に入り。。。


八海山バイツェン。

滑らかな舌触りと、

柔らかい飲み口がサイコーのビールです。

他店でも、

あまり見かけないのでは?

と、


僕らの目の前には、

一品目。

キンカントリュフと自家製の甘酒。

お洒落〜。

素敵。

まずは、

食前酒としての、

甘酒を"ぐびーっ"と。

んでもって、


まさ吉由来の、

キンカントリュフを、

ワンスプーンで。。。

ぱくり。

旨ひゃい。

この流れ、

これからの季節にもいいよね〜。


キタ。

綺麗な箱が登場〜。

先日のレセプションでも振る舞われた、

前菜盛合わせ5種。


見て可愛い、

食べて美味しい5種の前菜。

焼印入りの卵焼き、

フルーツトマトの煮浸し、

鶏皮ポン酢など、

どれも美味しい品々。

この中身は、

季節によって変わっていくのかな?

それも楽しみだな。

さて、

ちょいとここらでお酒を。。。

この日は、

グラスワインを試してみたく。。。


赤。


白と。。。

どちらも頂きましたー。

どちらも呑みやすいっすね。


とりわさ。

無論、

低温調理されております。


ササミとレバ。

どちらも旨ひゃい。

間違いにゃい。

目の前では、


徐々に、

焼きに入る児玉さん。

そして、

こちらには、


大根おろしと、


お新香が届きましたよー。

児玉さんのぬか漬け。

好みの具合っス。

さて、


日本酒を。。。

こちらもメニューが用意されてます。

下のスタンプが可愛い。

今回は、

元スタッフさんが作られてる、

「江戸開城」をチョイス。


こちらでも、

まさ吉同様、

お猪口が選べます。

華やかで楽しいですよね。


青いお魚を選んでみた。

はは。


馬場くん、

旨いね〜。

これからも楽しみにしてまーす。

と、


焼鳥の一品目、

ササミ3種。

みそ、うめ、わさび。

どれも旨い。

そして、


にいがた地鶏のもも。

コレが、

児玉のいち推し。

マジ卍。

マジで旨いよ。

地鶏ならではの弾力だけど、

他の鶏と比べて明らかに違う食感。

超絶好み。

脂の具合もいい。

最近、

鶏の脂がどうも。。。

なーんてヒトにもオススメ。

サイコーです。


レバパテ。

焼鳥と一品モノが、

交錯して登場するスタイル。


バケットに乗ったレバパテ。

ぱくり。

旨いね。

甘味あるレバパテに黒胡椒が、

ええ感じで効いてる。

スライスナッツの食感も、

楽しさプラス。


つくね。

言わずもがなやね。


栃尾の厚揚げ。


サクふわ。

サイコー。


大黒しめじ。

野菜焼きは、

数あるメニューの中から、

2種選ぶシステム。

僕は、

コレと、


アピオスをチョイス。

どちらも大正解。

アピオスは思ってたより、

小ぶりだったけど旨し。

んでもって、


皿が可愛い。

つか、

今回、

皿のチョイスが、

どれも秀逸。

前回も紹介したけど、


この娘も可愛い。

この皿は、

何枚もあるんだけど、

全部微妙に違うみたい。

そこんトコも、

お愉しみ下され〜。

Anyway,

焼きに戻ると。。。


目の前で、

児玉さんがすだちを搾ってくれてます。


手羽先。

こちらも推しだね。

アラカルトの方も、

モモと手羽先はお忘れなく。

にいがた地鶏が堪能できます。

骨を抜いて仕上げた手羽先。

こちらも絶品っス。

さて、


酒は、

三重「田光」に。

やはり旨いね。


焼鳥の〆は、

レバタレ。

内臓系は、

にいがた地鶏ではないよーです。

が、

柔らかな食感で官能的な一本。

して、


珍しく、

ハイボールを呑みつつ、

談笑していると。。。


小皿が登場。

小さく切られた海苔に練りゆず。

つーことは。。。


キターーーー。

かけそば。

〆の食事も、

そぼろご飯、鶏茶漬け、焼きおにぎり、卵かけご飯、

5種類の中から選べます。

でも、

やっぱね、

にいがた地鶏のスープ、

堪能したいよね〜。

ははは。


かけそばってことで、

具は葱のみ。

丼にレンゲも可愛いっス。


頂きまーす。

ずざざっ。

じぇじぇじぇっ。

どっひゃー。

めっちゃ旨いやん。

鶏の旨味すげー。

このスープで茶漬けたい。。。

ははは。


麺は、

もちろん、

鬼の麵。

ずざざっ。

鬼の麵に涙。

旨ひゃい。

たまらん。

気がつけば、

瞬殺で完食。


練りゆずを忘れる始末。。。

あはは。


不惑の汁完フィニート。

旨過ぎーーーー。

と、


頃合いを見てのデザート。

この日はさくらんぼ。

金の器に、

可愛い彩り。

そして、


ふた片のチョコレート。

コレが児玉の〆。

コレが児玉のエスコート。

素敵やん。

ご馳走さま〜。

僕も、

音楽だったり、

ちょこちょこ、

(*チョコだけに。。。)

関われせてもらっております。

勝手に誇らしげっすな。

ははは。

皆さまも、

是非、

ご堪能くだされ〜。




焼鳥 児玉
東京都世田谷区池尻1-11-12
パレ・ド・ジュネス2FA
03-5787-8606
営業時間 17:30 ~ 23:00
定休日 日曜日(不定期で月曜日)




2018-05-25 19:03:02投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

十条「煮干そば 流。」カレーなアブラ煮干そば。


十条「煮干そば 流。」。

5/11

10日前か。。。

ずいぶん前に食った記憶。

なんだか忙しくて、

ほーんとUPするペースが、

遅くなっておりまーす。

ってのと、

このblog会社が、

10月だかに閉鎖するそーで、

ヤル気も半減してるわけで。。。

とっとと移籍して書きたいなーんて、

思って準備してんだけど、

ブログのデザインが、

なかなか捗らないっス。

ははは。

Anyway,

10日遅れのblogデス。

11:21am

開店時間からは、

随分と遅れての参戦。

外待ち5。

あー。

前回平気やったから、

軽んじてしまった。

はは。

つか、

開店後に、

並んだの初めてやったから、

今まで気がつかんかったけど、

先に食券買うルールなんやね。

つーことで、


いつものよーに、

横長の張り紙を確認。

何気に好きな風景。


ぽちり。

して、

再び行列に接続し、

待つこと11分で店内へ。


この張り紙も、

毎回楽しみにしております。

ちゃ〜んと影が入れてあったりで好き。

お、

追加トッピングチーズかぁ〜。

つーことで、

150円を添えて、

食券を渡す。

カウンターにて待つことしばし。。。


キタ。

カレーなアブラ煮干そば。


中央のチーズが、

何気にターバン感。

ははは。

そして、

周りをぐるりと、

見え隠れする具たち。


チャーシュー。


メンマ。


刻みタマネギ。

揚げニンニクも、

満遍なく降られてます。


ええ眺めだわ。。。

でわ、

スープを。。。


頂きまーす。

ずざざっ。

旨ひゃい。

アブラー&煮干のほどいいバランス。

すでに感じるカレーの風味。


ずざざっ。

旨ひゃい。

"流。"の麺好きだなぁ。

ほどいい太さに弾力。

"つるん"とした舌触りもナイス。


チーズを剥がすと、

カレーの登場〜。

ぱくり。

旨ひゃい。

コレだけでコメもイケるね。

ははは。


スープに、

麺に、

カレーが馴染みまくりデス。


チーズも合うね〜。

焼きもええ感じだわ。


あっという間に完食し、

残すはスープ。

ずざざっ。

ずざざっ。

気がつけば、


汁完フィニート。

ご馳走さまでした〜。

旨かったなぁ。

やっぱ旨いね。

遠くても来てよかった。

さて、

次回はなんだろな。。。

楽しみにしております〜。

でわ。




2018-05-21 22:37:09投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

東北沢「千里眼」ラーメン 野菜マシ ショウガ 辛揚げ。


東北沢「千里眼」。

某日。

デザイン的な用事で東北沢。

少し遅めのチャンスタイム。

まさにチャンス到来。

と、

言いつつも、

前夜の呑みで内臓創痍。

はは。

でもね。。。


外待ちなし。

いえい。


空席あり。

いえい。

ラーメン(普通)を、

ぽちり。


"麺少なめ"と告げつつ、

食券を渡す。

待つことしばし。

「麺少なめのお客さん、ニンニク入れますか?」

「野菜マシ ショウガ 辛揚げ」

この後の現場は、

女性スタッフが多い事務所につき、

ニンニクは避けた。

はは。


じゃん。

はは。

千里眼な野菜の盛りやね〜。


どーんと、

縦に聳える野菜マウンテン。


ショウガは、

マシマシにすればよかったかなぁ。。。


辛揚げも、

いつも通り別盛りにすべきだったか。。。


圧せられる豚。

内臓創痍のオレには、

1枚でも多いかも知れない。。。


スープを。。。

頂きまーす。

ずざざっ。

あれ?

カエシからいのね。

内臓創痍やから?

ははは。


ちょいと野菜を食べ減らしつつ、

麺を引き上げる。。。


ずざざっ。

いや、

ずぼぼっ。

あー、

この感じこの感じ。

ワシワシと愉しみたかったんだよね。

二日酔いって、

なんでコレを求めるのかね?


豚。

いつの間にか、

崩れてしもた。

がぶり。

あー、

このカラダには重いな。

ははは。


辛揚げだけでは物足りず、

卓上の一味を"どばーっ"と。

ずざざっ。

悪くない。


少なめの麺は、

早々に消え、

後半は野菜との格闘。

しかし、

やっぱ、

ニンニクあった方がよかったかなぁ。

コクになるもんな。

ショウガは倍欲しいな。


ご馳走さまでした〜。

旨かったけど、

内臓創痍のオレにはキツかったわ。

早く"冷やし中華"が食いたーい。

つーことで、

次は夏かね?

でわ。




2018-05-20 22:21:05投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

今夜は、Le Monde de Régine vol.3

original

★5月19日土曜日のアマランスラウンジは、
マダム・レ
ジーヌの名を冠し、
総力挙げての大感謝祭[Le Monde de Régine 第3回]を開催!

★レジーヌが愛する[1920年代パリ]、その幻影。

★亡命のロシア貴族とバレエ・リュス、
アメリカからはJ
AZZとカクテル、シャリアピンやディアギレフが唄い踊り、[パリのアメリカ人]ガーシュウィンやフィッツジェラルドが湯水の如く金を使った(!)憧れのパリ!
そのア
ンダーワールドへようこそ!

★断然かっこいい選曲には熱狂と憂愁、
華麗なショータイ
ムには美と死と笑い!

★レジーヌが選ぶ最高のDJとパフォーマー達が、皆様の[日常]を成層圏の遥か彼方へ木っ端微塵に吹き飛ばし、その五感を未だ嘗てない興奮と阿鼻叫喚の坩堝へ突き落とす!

★[伊藤陽一郎]によるGitanなDJと、[絹靴下のPiPPi]による美しく煽情的なダンス・パフォーマンス、[バーバラ村田]のドラマティックでポエティックなパントマイム・ショー、可憐なダンサー[You]のアクロバティックなゴーゴーダンスなど、見どころいっぱい!

★今回、スペシャルなシークレット・ゲストも登場!
乞うご期待!

★引っ切り無しの乾杯と目眩く酔いに
シャンデリアが揺れ
まくる
地上5階の赤いグロッタ(洞窟)[アマランスラウ
ンジ]にて、
狂瀾の20年代・パリの夜にタイムワープ!

★アマランスラウンジ[Le Monde de Régine 第3回]は…

★日時 : 5月19日土曜日21時オープン 22時スタート

★DJ : 伊藤陽一郎
★Show : 絹靴下のPiPPi / バーバラ村田
★Gogo-Girl : You
★SPECIAL GUEST SHOW!
★マダム・レジーヌ
★ご入場料 : お一人様¥3000
★ショータイムは23時半(スペシャル・ゲスト)、
24
時半(バーバラ村田)、
25時半(絹靴下のPiPPi)

26時(スペシャル・ゲスト)
 
★皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 
★マダム・レジーヌ&リー




2018-05-19 19:22:14投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

幡ヶ谷「金色不如帰」塩そば ~ 一時閉店前の最終ver.。

original

幡ヶ谷「金色不如帰」。

我が青春、

あ、

遅れてきた青春の路地裏。

トータル何時間過ごしたんだろう。。。

original

今月末、

新宿二丁目に移転とのことで、

幡ヶ谷店は、

5/17(木)に一時閉店。

12年と5ヶ月かぁ。

新宿店になると、

いろいろと変わるよーだし、

思い出の地での一杯を。。。

しかし、

original

この絵も、

original

このダクトも、

original

ポストも。。。

あちこちに思い出感じるわ。

ははは。

して、

開店!

先待ち7に接続したボクは、

8番手にてギリギリセーフ。

ちわーっす。

original

珍しく、

券売機の全景を撮ってみたり。。。

はは。

original

やはり、

〆は"醤油"だろうと、

original

ぽちり。

食券を渡し、

軽い会話をしつつ待ってると、

力ちゃんに、

「塩が随分変わるんですけど、醤油でいいですか?」

マジで!?

つーことで、

お言葉に乗じて、

"塩"にチェンジ。

original

キタ。

幡ヶ谷一時閉店前の最終ver.。

相変わらず素敵やね。

つーか、

盛り沢山やなぁ。

original

刻みネギにベーコンのフレーク。

original

煮豚の上に、

セップ茸のデュクセルと、

イベリコ豚。

ここでしか食えない逸品。

original

フレッシュハーブに、

インカベリーとドライトマトのソース。

original

ぐるりと囲む穂先メンマ。

そして、

original

いつもご厚意に感謝の味玉。

original

唯一無二。

いい眺めだ。

でわ、

original

頂きまーす。

ずざざっ。

旨ひゃい。

不如帰の塩だ。

蛤を深く感じつつ、

白トリュフなどの、

様々な旨味が押し寄せる。

そして、

バランスが秀逸。

original

麺も、

新宿からは自家製麺になるんだよね。

ずざざっ。

しなやかで食べ応えのある麺。

コレはコレで好きなんだよなぁ〜。

ははは。

original

このソース旨いなぁ。

新店舗でもやるのかなぁ?

酸味がいい感じ。

original

デュクセルも旨い。

スープに馴染むんだよね〜。

original

本日の味玉は。。。

original

ナイスオレンジ。

エロさは控えめなエロ玉。

ははは。

original

ほんとに旨い一杯だ。

最後に堪能出来てよかった。

新店舗では、

どんな塩に進化するのだろか?

original

不惑の汁完フィニート。

ご馳走さまでした〜。

旨かったー。

まさに至福の一杯。

さて、

明日が最終日。

噂によると、

あっちでは、

煮干もやんないとか。。。

うぅ。。。

行きたいけど、

やっぱり無理そうだ。。。

またの再会に期待して(涙)。

新店舗楽しみにしております〜。

でわ。




2018-05-16 08:24:55投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!

本日、三宿「焼鳥 児玉」OPENデスよ!

original

いよいよ、

焼鳥 児玉、

本日OPENデス。

BGMなど手伝わせてもらってます。

original

鶏の箸置き可愛い。

original

絵皿も可愛い。

つか、

コレ欲しい。

はは。

original

店内を飾る、

ソリマチアキラさんの絵も素敵。

そして、

original

皆さんに褒めてもらってる、

僕のイラストの原画も飾ってマース。

いえい。

Anyway,

肝心の料理。

original

前菜5種の盛り合わせ。

バランスと量が秀逸。

どれも旨い。

そして、

メインの、

original

original

にいがた地鶏。

マジで旨い。

マジ卍。

はは。

是非、

ご堪能くだされ〜。

あ、

original

お酒の推しは、

八海山バイツェン!

コレ、

めっちゃ旨いーーーー。

さて、

今月は、

今夜は特別ですが、

日曜定休とのこと。

予約は電話で、

17:30、18:00、18:30の1回転目のみ。

料理はコース。

前菜からデザートまでの、

6,000円。

予約のお客さんが退店後は、

アラカルトでのご案内とのこと。

時間の確実な予約は難しいので、

電話でのご確認を。

03-5787-8606

是非〜。




2018-05-13 15:34:56投稿者 : akakage
この記事のURL コメント(0) nice!
3756件中   51 - 60 件表示 ( 全 376ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...